脂肪燃焼には白ネギです

白ネギに含まれる、刻むと出るアリシンという成分とフルタンという成分を意識して食べたい。
恩恵の量がすごいので絶対。
脂肪ネギ
脂肪燃焼効果のあるフルタンは加熱すると、より効果が上がる。

 

加熱に弱いアリシンは、糖質の代謝を促進させ脂肪の蓄積をなるべく防ぎ
エネルギーに変える働きがあるので、生で食べたり、加熱したりと工夫します。

 

アリシンは切って早く食べたほうが良く、
1時間を過ぎるとスルフィドという血栓予防に効果のある物質に変化します。
それはそれで優れた予防効果ですが、脂肪燃焼には早く食べるコト。

 

青ネギの部分は、抗酸化、老化予防にもいいビタミンCや、カロテン(ビタミンA)が豊富。
丸ごと食べるべき。
白ネギ脂肪燃焼
食べ方に関係なく、血液をサラサラにする、血液循環の血液の質をよくする、
筋肉や内臓の機を上げる、身体を温める、乳酸を分解し疲労回復を早める、
強い殺菌効果、脂肪燃焼に欠かせないビタミンB1の吸収率を高める、
風邪予防に、生活習慣病の予防に、美肌に、健康にいいパワー食材。

 

インフルエンザ、新型肺炎サーズSARSにも効くそうで、
ネギには抗体を作る力を整えておく効果があり、身体の抵抗力を上げるそうです。

 

数年前、中国でSARSが流行ったとき、被害をほとんど受けなかった地域が!
なんと、ネギの産地として知られるその地域では、大人、子供、ネギを生かじりの食事を。
それでSARSの被害を受けなかったというほど。

 

アリシンとビタミンB1は、70℃で最も結合しやすいという特徴もあるらしく、
マーボー豆腐は最強メニューかもしれません。

 

アリシンが入っているニンニクと生姜にネギと豚ひき肉(ビタミンB1摂取)と豆腐で財布にも◎

 

生姜とネギ、ゴボウ、こんにゃく、人参、しいたけ、豆腐を入れた豚汁も朝から良く作り、
食べた日は身体もポカポカで体調もお通じもバッチリ。

 

納豆に白ネギをたっぷり乗せて、悪玉コレステロールを下げる亜麻仁油をかけて食べています。
亜麻仁油は小さじ1杯で1日のオメガ3摂取量を取れ、放射能汚染で青魚を食べることが減っても安心。
亜麻仁油のおかげでアトピーが治ってから毎日、みそ汁、サラダ、卵かけご飯、などに小さじ1杯。
納豆脂肪吸収 亜麻仁油脂肪
1パック50gにオクラやキムチ、梅干しなどトッピングするのも◎
納豆脂肪燃焼
納豆には脂肪の吸収を防ぎ、太りにくくする体質改善効果もあるのです。

 

こうやってみると、食べ合わせ、とても大切だと思いませんか。

 

切るのが面倒くさいと思う人へ

納豆ダイエット

よく研いである、ちょっといい包丁で野菜を切ると、
え、こんなに切れる?と感動するくらい
切れ味が違い、音が違うことにとても驚きました。

 

力を入れなくても切れ味が気持ちよく、
サクッツ、サクッツという音が楽しくて、
切ることが楽しみに!

関連ページ

皮下脂肪を落とすココナッツオイル
ココナッツオイルが皮下脂肪を落とす理由と食べ方について。
マヌカハニーダイエットで脂肪を燃やす。
脂肪を燃やすマヌカハニーの食べ方と時間帯について。