皮下脂肪の減らし方

皮下脂肪を減らすためには、複数の方法を同時に行う。
少しでも早く、少しでも多く、しぶとい皮下脂肪を減らすために。

 

エネルギー貯蓄や身体をクッションで守る働きがある皮下脂肪。
女性は子宮を守るために男性より皮下脂肪が付きやすい身体ということで
男性よりも体脂肪が多めなのは当たり前のコト。

 

筋トレで筋肉が早く付きやすいのは女性より男性なのも、身体のしくみの違いにあります。

 

ただ、共通して言えることは、皮下脂肪は付きやすく、落ちにくい。というコト。

 

最終的な心構えとして、
それを毎日の日課、もしくは日々の習慣として当たり前にやっていくことだと自分が気づくコト。
これは、皮下脂肪を落とせた後の体型維持のためには絶対条件。

 

一定期間だけ行う、という考えは捨て、ずっとやっていく、という考え方に。

 

先は長いので、新しい生活習慣に慣れるには、効率よく、できるだけ体に負担のないものが◎
考え方が変わると、辛いというより楽しくなります。

 

皮下脂肪の少ない人、スタイルの良い人は、何もしていない状態で維持しているのではなく
多数の方法を当たり前の習慣として、やっていかなければならないコトだと気づき
それを優先し、継続することで理想の体型を手にしています。

 

何を口にすべきか、どんな運動をすべきか、何を優先すべきか、
つねに脂肪とストイックに向き合い、前向きに行動を起こしている結果でして
健康意識と自己投資が非常に高く、学ぶべきコトはとても多いです。

 

何もやらないコトが一番の大失敗ですが、
無知でいることは失敗もしやすく、ケガもしやすいし、適当にやることは遠回りだった。
やりすぎればいい、ってもんでもなかった。

 

こういう方法、もっと早く知りたかった。
そうしたら、もっと早く理想の体型に近づけたのに。

 

こんな思いをせず、もっと効率のいい皮下脂肪の落し方があるので、ぜひ実践してみてください。

皮下脂肪を減らした体験談と情報

筆者である私自身も、皮下脂肪の落とし方に悩んだ一人。

 

楽しくなり、もう少し皮下脂肪を落としたく、また維持していきたいので
ジム&フィットネスクラブへ通い続け5年が過ぎた中で、
失敗したコト、正しいやり方とは、結果を出せた方法など学び、
常に最新情報を意識しつつ、書籍や理論から効率の良さ、を追及し続けています。

 

ジムでのトレーニング中に、スタイルの完成している多数の人達に、
取り入れている方法を聞きくと、やはりストイックに努力している部分が多数あり頭が下る思い。
継続は力なり、は本当。習慣になっている。

 

そういったストイックな人達から学んだことの1つである心の強さと
本格的にワンツーマンでパーソナルトレーナーを有料で教えていただき、
皮下脂肪を減らす方法では、お腹周りがスッキリし、どんどん皮下脂肪が減りました。

 

有名芸能人やスポーツ選手、
アスリートのパーソナルトレーナーも行う専門のプロに教わった有料トレーニングの方法。

 

筋トレの方法だけではなく、どの筋肉を鍛えるか、有酸素運動のレベル、筋膜はがしの必要性、
何を口にすべきか、冷えとの絡みなどと共に、最新で得た情報も随時更新中。

皮下脂肪を減らすには?記事一覧

まず皮下脂肪を落とすには、有酸素運動の前に筋トレを行うコト。筋トレを有酸素運動の前と後とで行うのでは、脂肪燃焼の効率が全然違い落ちにくい皮下脂肪を落とすためにも筋トレは先に行う。有酸素運動だけだと、内臓脂肪は落ちますが、燃焼効率が低く皮下脂肪は落ちにくい。先に筋トレをすることで体温を上げ、熱を作り、基礎代謝に働きかけるので脂肪燃焼効率が高まる。そのタイミングで有酸素運動を行うことで落ちにくい皮下脂...

皮下脂肪を柔らかくする必要があるのは、皮下脂肪が柔らかい方が落ちやすいから。イメージにと、作った豚の角煮を撮ってみました。売っているときの冷えた脂肪の固まりは固いですが、熱を加えるとお肉も脂肪も柔らかくなり、結構な脂が分離して浮き、冷めるとこのように。分離した脂も取れやすくなりますよね。脂を取って温めて、さらに冷ました翌日も細かい脂が浮いている。時間をかけて、このように皮下脂肪も温めて柔らかくする...

皮下脂肪でぽっこりお腹は一番なんとかしたいのに一番効果が表れにくい場所。ただ腹筋をやるだけでは効きません。腹筋は筋肉が何層にもなっていて、腹筋のやり方で使う筋肉が変わり効かせる筋肉を意識してトレーニングすることが大切。インナーマッスルと言われる一番奥にある筋肉腹横筋(ふくおうきん)と腹直筋(ふくちょくきん)を鍛える。腹直筋の内側に腹横筋がある。腹斜筋(ふくしゃきん)はぽっこりではなくウエストのくび...

この、皮下脂肪を落ちやすくする筋膜はがし、知ってますか。運動後に、脚全部、お尻、腰、背中全部、腕、肩と全部やるとリンパの流れも促進し、乳酸や老廃物の排出が良くなり、皮下脂肪やセルライトも燃焼しやすく疲労回復が早く筋肉痛がかなり緩和される。脂肪燃焼をしやすい状態を整えるという意味で、運動前にもやるといいそう。私はいつも運動後と凝ったとき使用しますが、ほぐれ感が速攻で、もう手放せません。筋膜とは、エラ...

皮下脂肪ダイエット食事でまず意識したいのは炭水化物。糖新生(とうしんせい)を取り入れる方法。これは、パーソナルトレーナーの方に教えて頂き、医師も推奨するやり方ですがやり始めて1か月で2kg〜2.4kg落ちました。まず、糖新生とは?要点だけ言ってしまうと1日の炭水化物(糖質)摂取量を130g以下にする方法。血液中のブドウ糖量が減ったとき、肝臓でストックしてあるグリコーゲンからブドウ糖を作り出す仕組み...