皮下脂肪の落とし方を実践する前に知っておくべきコト。

脂肪の中でも一番落ちにくいといわれる、皮下脂肪の落とし方の方法を知る前に
さきに知っておいて欲しいことがあります。

 

まず、皮下脂肪とは、お腹や足、おしりなどの皮膚にくっついている固い脂肪のコトですが、
脂肪は柔らかい脂肪から落ちていくため、
脂肪を落とすための行動を行うと、まず、脂肪が柔らかい、内臓脂肪から落ちていく、というコト。

脂肪が落ちる順番→内臓脂肪→皮下脂肪→セルライト

皮下脂肪を落とすにはある程度時間も必要なので根気が入ります。

 

そして、食事制限だけだと、内臓脂肪は落ちるけど皮下脂肪は、なかなか落ちないコト。
また、皮下脂肪が多い人は+セルライトありの可能性も。

 

セルライトとは、皮下脂肪と皮下脂肪の細胞同士がくっついてしまっている状態、
皮下脂肪に不純物である老廃物がくっついて固まってしまっている状態の皮下脂肪の頑固な固まり。

 

セルライトがある人はセルライトがない人に比べて、より皮下脂肪を落としにくいということを把握し
皮下脂肪は落とせるが時間がかかる、という認識で。

 

また、間違った食事制限&間違った運動方法は、バストを小さくしてしまうので注意。
(そう、柔らかい脂肪はココにも)
だからといって運動をしないと、脂肪以前の話で、大切な筋肉が落ちますので、これはこれで注意。

 

筋肉が落ちるのは早いのに、筋肉をつけるには時間とお金もかかること、身に染みています(苦笑)

 

この時点で、あ〜やれるのかと、すでに不安を感じている人には、
皮下脂肪を減らす漢方薬皮下脂肪の落とし方を飲む、という方法が簡単で向いているかもしれません。

 

いずれにしても、気になった皮下脂肪を落とす方法を何か実践してみてはいかがですか。

生漢煎

速筋ではなく遅筋を鍛えることを忘れずに

皮下脂肪を減らすには、速筋(そっきん)ではなく遅筋(ちきん)を鍛えるコト。

 

速筋とは白い筋肉、遅筋とは赤い筋肉。

 

速筋は、筋肉が太く大きくなりやすい筋肉のコトで、ボディビルダーとかはこっち。

 

遅筋は、皮下脂肪を落とすだけでなく、持久力がつき、
太くなりすぎない筋肉でシャープに引き締まったボディを目指せます。
女優やモデル、細マッチョな体はこっち。

 

遅筋を鍛えるには軽い負荷で、ゆっくりスロートレーニング。
目安は呼吸が浅くならない、深い呼吸をしながらできる程度です。

 

気を抜くと、スローではなく動きが速くなってしまったり(楽だから)
今鍛えている筋肉を意識することを忘れがちに。

 

運動中は違うことを考えたり、気を取られたり、しゃべりながらせず、集中します。